声・まっくら森

天寧煌子の文章置き場(主に詩)

2017-06-10から1日間の記事一覧

limit

溢れる刺激が手のひらを超え 容器の目盛を突き破る 一つ、二つ、三つ・・・ 縦横無尽の熱気揺らぐ昼刻 満ち零れた信号 乱れる均衡に陰る鮮やかさ 手招きする惑乱に目を汚す ひとつところに癒着する意識 固定する視線が高見の旗を狂わせる 混沌の渦に崩れた片…

実在発現病的顕在

お前の上に落としてやる 忘れられないんだろう? だったら爆弾にもなるさ 信じるからこそ見てるのさ 実在発現心夢想病的顕在 避け隠れるようになったね どこまで逃げるつもり? 雷はいつ何時でも降り注ぐ 誰にも見えない存在の幻を お前自ら輪郭を与えている…

反復の安楽と葛藤

生まれたときからここにいた 同じ道順を行ったり来たり あちらこちらに自分の足跡 両側にそびえる壁は 安楽の砦を築いていた 蟻の行列のように 列から外れることはできない 同じ道筋しか歩けない 自分の足跡が踏みしめられた 永遠の反復と往復の快楽 それで…

自分だけの、ただ自分だけの課題

見るも触るもおぞましいのは いつでも自分のみにくい傷口 自分だけが抱えなければいけない「課題」 その場しのぎでかわすこともできるけど 影は必ず追いすがり立ちはだがってくる クリアーしたら次の新手があらわれる 大なり小なりそのつど程度は違うけれど …

遭難者のわがまま

まな板の上の魚をさばく手つきで 君は器用に問題を分析して 誤りのない正しい道を指し示した そのとおりだとわかっているから 大人しく引き下がって対策を立てよう でも忘れないでくださいね 流れた涙のあることを 地図に引かれた線路のうえに 走る列車の列…

こだわりのむすびめ

ころんでぶつかってひっかかって むすびめふやしてこだわって ほどこうともがいてつまづいて ながしなさいわすれなさいと かんたんにひとはいうけれど たくさんのがぞうやきつけられる たくさんのきおくがいきつづける あたまのみょうにかっせいかした へん…