声・まっくら森

天寧煌子の詩置き場

融通有碍(障碍)

これっぽっちのゆたかなる

ふと 命綱を切り離した 白く照らし出されたフロアに満ちるわざわいは 無関係のまま皮膚に調和した むかしは幸せでも不幸せでもなかった ささやかなひとときは ありのままでいられると よろこびの声を上げた ふと 命綱を切り離した 白く照らし出されたフロア…

なにがなんだかわからない

突然ぽっかり開いた穴に放り込まれる なにがなんだかわからない 自分がどういう位置に陣取っていて 相手にどういう作用をもたらしたのか 困窮と違和のもみくちゃに 今にも押し潰されそうなのに どうして一方的にあなたがたが迫ってくるのか どうして双方向で…

誤解

「なんともない」よう取り繕った技巧の数々が 「目立たぬ」よう塗りたくった保護色の数々が 「人並みになる」よう蓄積した知識の数々が 「悪いところを直す」よう訓練した反射神経の数々が 「まともになる」よう刻苦精励した経験値の数々が ふつうを演じた手…

barrier

barrierが邪魔をするんだ 僕の前に 自分を守るために囲い込んだ 皮膚と生理が蛹のように覆った 冷たく硬い殻 barrierが足りないんだ 僕のまわりに 溢れる音を拾い集め調節し 肉体と精神を脅かすものから 均衡を保つ把手 barrierが重いんだ 僕の心に 不安と恐…

limit

溢れる刺激が手のひらを超え 容器の目盛を突き破る 一つ、二つ、三つ・・・ 縦横無尽の熱気揺らぐ昼刻 満ち零れた信号 乱れる均衡に陰る鮮やかさ 手招きする惑乱に目を汚す ひとつところに癒着する意識 固定する視線が高見の旗を狂わせる 混沌の渦に崩れた片…

反復の安楽と葛藤

生まれたときからここにいた 同じ道順を行ったり来たり あちらこちらに自分の足跡 両側にそびえる壁は 安楽の砦を築いていた 蟻の行列のように 列から外れることはできない 同じ道筋しか歩けない 自分の足跡が踏みしめられた 永遠の反復と往復の快楽 それで…

こだわりのむすびめ

ころんでぶつかってひっかかって むすびめふやしてこだわって ほどこうともがいてつまづいて ながしなさいわすれなさいと かんたんにひとはいうけれど たくさんのがぞうやきつけられる たくさんのきおくがいきつづける あたまのみょうにかっせいかした へん…