声・まっくら森

天寧煌子の詩置き場

こだわりのむすびめ

ころんでぶつかってひっかかって

むすびめふやしてこだわって

ほどこうともがいてつまづいて

ながしなさいわすれなさいと

かんたんにひとはいうけれど

たくさんのがぞうやきつけられる

たくさんのきおくがいきつづける

あたまのみょうにかっせいかした

へんてこなきのうどうしたらいいの

きえないえいぞうどうしたらいいの

こんらんするかんかくのうえに

おとがこえがえいぞうがうごきが

じょうほうをふやしつづけて

きょぜつのしんごうびんかんに

しょくしゅをのばしたしんけいに

びりびりびりとながれてくる

からまるいとのうえにまたひとつ

まるいむすびめゆびでなぞって

ひとつひとつかたまりにふれるたび

りょうてでひっしにほどきにかかる

 

(2015.12.19)

『声・まっくら森』収録