声・まっくら森

天寧煌子の詩置き場

自分だけの、ただ自分だけの課題

見るも触るもおぞましいのは

いつでも自分のみにくい傷口

自分だけが抱えなければいけない「課題」

その場しのぎでかわすこともできるけど

影は必ず追いすがり立ちはだがってくる

クリアーしたら次の新手があらわれる

大なり小なりそのつど程度は違うけれど

やっぱり自分だけが抱える荷物

 

絶対に逃げることはできない

重く厳しい課題ほど

一生かけて引き受けなければならないもの

ときどき休んでもいいけれど

目を背けて消えるものではない

 

いつも自分をみるのはこわい

メドゥサの首のように石化しそうになるから

でもその目をみた者だけが

深く大きく成長できる

解いた課題が多ければ多いほど

 

ただ自分だけが背負うことができ

ただ自分だけが乗り越えられる

ただ自分だけが解くことができ

ただ自分だけがゼロにすることができる

その能力を持つのは自分のみ

 

(2015.12.19)

『声・まっくら森』