声・まっくら森

天寧煌子の詩置き場

瞑目に花開く安息

瞑目に花開く深い蒼闇

華やかな陽光を避ける陰の溜り

青緑の草触れる音囁く涼風

人知れず止まる足跡

 

ここへ・・・

 

不安と後悔と自責を置き

虚ろな思いを沈め埋める

壊れた悲しみを振るい

埋もれた記憶を汲み出だす

 

静寂に鳴る夜微笑に想溢れ満ちる安息

 

(2015.12.20)

『声・まっくら森』に収録