声・まっくら森

天寧煌子の詩置き場

イジワル

わたしはイジワルだった

どんなに尊敬されようとも

実はわたしはイジワルだった

確かにあなたはドンヨリ鈍い、昏い、疎い

それゆえにこれっぽっちも心打たず

それゆえにわずらわしくて

イジワルしちゃった

 

どんなに謝っても謝りきれない

額を地面にこすりつけ

罪の意識に埋もれるほどに

それでも申し開きはできない

確かにわたしのきたない心根は

ウゼーンダヨと大さわぎした

正義の顔で指差した

 

ああ ゆるしてください

あなたをわずらわしがったわたしを

あなたをどうしても好きになれなかったわたしを

それゆえにみにくく染まり

いいひとを装いながら

ほんとうはイジワルだった

きたないイジワル女を

 

(2016.2.17)