声・まっくら森

天寧煌子の詩置き場

遠いうた

世界の片隅から呼びかける
虚しい願いはこだまする
届いても届かなくても
声をかぎりに歌っていた

 

消え入る祈りに絶望と
透明な涙が混じる
決して返ってくることのない声
決して報われることのない声

 

人に祈ると黙られる
その法則をいつ知った?
神様ではないのだから
人間に祈りを受け止める器はない

 

それでも声をかぎりに歌っていた
私は何を信じていたのだろう
世界から景色が消えていく
じぶんの歌だけがこだまする

 

虚しい祈りに透明な涙が混じる
押しつぶされた悲しみを
無我夢中で虚空へ描いた
決して報われることのない声

 

(2012.4.13)

-------------------------------------------------------------------------------------------

【ひとこと】

 お蔵入りにして危うくゴミ箱行きになっていたはずの詩を復活させた。

 昔の詩は単調だけど、現在より素直な感じがする。