声・まっくら森

天寧煌子の文章置き場

いびつの心臓

かれがそむけた心臓を

ときには頭上に掲げたく

ときには握り潰したくもあり

その拡声の臭気を前に

きみもまた かぎつけられた愛憎の

煙を嗅いだ

あわれなる きみがいびつの塊よ

両極揺れる街宣よ

自ら頼もしからぬ玉座よ

この血をもはやかざすまい

きみは心臓を その体内に戻し

かたく糸で縫い合わせた

かれの沈黙を遠ざけるために

 

 

(2017.8.1)

-------------------------------------------------------------------------------------------

【ひとこと】

 気に入らない気に入らない気に入らない。

 コッソリ書き直すかもしれない。