声・まっくら森

天寧煌子の文章置き場

別れ

一人の客が主人の店を訪れた

路面に面したショーウインドウには

色とりどりの商品が着飾って

見目うるわしい愛想を振りまく

客人は陳列棚に目を奪われ

はずんだ歓声を上げて

ウインドウの端から端を行ったり来たり

ここにあるのは主人の生き写しと思い

その人に語りかけるように

無邪気に微笑むのだ

 

ショーウインドウの終わるところ

路面に面した店の入り口は

狭くひっそりと目立たないが

たしかに店内に通じている

その奥に控えている店の主人は

鍵穴から外を見ていた

そして客人に向かって

ひそかに心につぶやいた「さようなら」

ショーウインドウに入り口はない

 

客人はおしろい粉にまみれた品物だけを抱えて

歩み去る幾多の見物人に紛れ

やがて姿が見えなくなった

(2018.4.29)

-------------------------------------------------------------------------------------------

【ひとこと】

 私は、自分が持っているもう一つの表現に、鑑賞者と作者との本質的なコミュニケーションの通路が通っていないということを書きたかった。

 

 自分の詩が、同じようなイメージに収斂していくようだ。以前もこんな詩を何度か書いたように思う。たぶんこういうのが、私の心象風景なのだろう。
 いつも自分のまわりには化粧した漆喰がある。対面者は化粧の名を呼ぶ。その人に、私は別れを告げる。最後に、真実を詩に託して心を切り離す。すると、似たイメージが引き寄せられて、陰気な風景が出来上がる。