声・まっくら森

天寧煌子の文章置き場(主に詩)

野暮楽士

出馬遅れて詩学の徒
学び舎なき身独善の
イロハも知らぬ野暮楽士
我流きわまる作詩法
奇計無策の赤っ恥
根源なるは苦悩なり
読者方には恐れ入る
癒しも喰わぬ排泄歌

(2018.9.19)

-------------------------------------------------------------------------------------------

【ひとこと】

 七、五と韻を踏んでいます。