声・まっくら森

天寧煌子の文章置き場(主に詩)

修羅の祈り

わたくしは争いに明け暮れました
十字架の重みにひしがれて
遂にひらたい原生動物となり
地べたを這いずっております
見下ろすことのない一つの目は
固定された視界で 局限された風景を
眺めるしかございません
灯台よ あなたはその明晰な眼光で
空からわたくしのうごめく全容を
あきらかに象ります
灯台よ あなたの視線は
世界をくまなく網羅するほど高いのです
しかし修羅の道は
地を這うしかないものであります
わたくしは登りましょう 這いながら
偽足をあなたの壁に伝わせながら
灯台よ あなたの見開いた目をわたくしの
淀んだ半眼にはめこみましょう
けれども もし失敗した暁には
灯台よ わたくしは修羅の祈りを
あなたの頭上に掲げましょう

(2018.9.4)

-------------------------------------------------------------------------------------------

【ひとこと】

 修道士臭が抜けない。いいのか、悪いのか。