声・まっくら森

天寧煌子の文章置き場(主に詩)

記憶の塔

怒濤の保存が行く手をさえぎり
執念の塔となってそびえ立った

  (日記四九冊)
  (素描三四冊)
  (生活二一冊)
  (会話一七冊)
  (研究八冊)

記憶×××冊
オドロオドロシイグチャグチャの
シドロモドロシイメチャクチャが
わたしを救い出してと絡みついて
覚え違いがあってはならぬ
ただひとさじのもれも許さぬ
すべてすべてを刻みつけてと
足もとにむらがりまとう

  (コレヲドウスレバ)

振り向く背後に高殿が
うなりを上げて積み上がる
歩を進めるほどあわれな我執の頂が
再生の映像を載せて
新記録を更新する

  (積載重量突破)

天を衝く建設
壊れた脳髄は保存を手放さない
明日は到来を尻込みする

  (忘レラレナイ)

電脳空間に撒き散らして回収
赤面の残骸がふたたび頂を高くする
聖書の字句は皮肉を贈る

  (蔵ニ収メズ)

オドロオドロシイグチャグチャの
シドロモドロシイメチャクチャが
蔵の扉を突き破る
執念の高殿は
明日の塔を形成する

(2018.9.19)