地底の声

天寧煌子の文章置き場(主に詩)

白紙

なぜこんな自分になったのか。

なぜ行き詰ってしまったのか。

「白紙」の中で、自分と語り合いました。

 

 

【白紙】

 

まっさらな紙のうえに

まったく我が意思にまかせられている

流れるリズムのないままに

しいんとひとりで

居場所ある者はさいわいと

君は言った、ソウダネ

望んで引き受けた軛じゃないけれど

誰もが耐えられるわけじゃない

おかしくならないほうがおかしいね

と思えば

たまたま耐えざるを得ない毎日を

来る日も来る日もしのんでいる

こんなちっぽけな日常も

やりがいがある

と思えるような気がした

 

(『声・まっくら森』収録)

 

トンネル