地底の声

天寧煌子の文章置き場(主に詩)

詩は、文学は、すべてウンコだというのか…!【詩】私の詩なぞ

詩を書いているFさんから電話がかかってきた。


ウンコの詩、××誌に載せていい?」


「えぇ!?」


 ウンコの詩とは、私が自分の詩をクソみたいに厭う感情から生まれた「私の詩なぞ」という作品。
 あまりにもひどいので、とても人様にお見せできないお蔵入りの詩である(でもこっそり出版した)


「あんなクソみたいな詩をですか!? よりにもよってあんなんをですか!?」


なにクソっていうエネルギーは大事


「そりゃまあ、そうですけど…」


「谷川にもウンコの詩がある。岩波文庫で」


「あの谷川俊太郎が、クソを、ですか?」


「ウンコは希望。文学的エネルギー」


「希望!? 文学!?」


 なんと詩は、文学はすべて、森羅万象を己の体内で消化し排出せんとするウンコ・エネルギーだったのか……!


 私は一瞬クラクラした。自分の作品がすべてウンコに見えてきた。

 そして早速、このうさん臭い話をブログにウンコすることにした。

 

    *

 

 今回は汚い話で失礼しました。

 

詩は、文学は、すべてウンコ



【私の詩なぞ】

 

痛い・暗い・希望がない

でっかいウンコのような

私の詩なぞ見たくもない

出たら出たで知らんぷり

 

けれども吐き出すことで

病を和らげたとうとい娘

それなりに綺麗なかたち

整えるために手入れした

 

それでもやはり用済みさ

でっかいウンコのような

私の詩なぞ見たくもない

出たら出たで知らんぷり

 

けれども吐き出すことで

病を和らげたとうとい娘

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・(endless)

 

(2017.5.8『声・まっくら森』収録)

2021.3.22