声・まっくら森

天寧煌子の詩置き場

反復の安楽と葛藤

生まれたときからここにいた

同じ道順を行ったり来たり

あちらこちらに自分の足跡

両側にそびえる壁は

安楽の砦を築いていた

 

蟻の行列のように

列から外れることはできない

同じ道筋しか歩けない

自分の足跡が踏みしめられた

永遠の反復と往復の快楽

 

それでもそびえ立つ城壁は

視界を遮り閉じ込めた

安らぎを守る代わりに

あやつり人形のように

手足をひろげることを禁じた

 

プログラミングされた身体

自分が何をやっているのか

わからぬままに

同じ軌道を描き続ける

気づけば長い時間が

過ぎ去っていた

 

反復の安楽に没入しながら

機械のコアに手をやった

埋め込まれたシステムが

意識を閉じ込め奪いながら

なお鋭く覚醒させている

 

ふと見上げた城壁は巨大で

圧倒的な高みは視界を遮る

ここから出るのは困難だ

反復の催眠術を破るのは・・・

 

それでもせめて外を眺め

足跡だらけの地面を

見下ろすことができるなら・・・

同じ道筋しか踏めない足が

いつもと違う道に一歩

歩き出すことができるなら・・・

 

反復の鋭い覚醒と催眠に

安らぎつつもおぼえる

怖れと憧れと切ない苦痛

見果てぬ城壁の外の夢

私はここにいたくて

そしてここにいたくもない

 

(2015.12.20)

『声・まっくら森』に収録