声・まっくら森

天寧煌子の詩置き場

十方塞がりを描いた結末

四方八方ならぬ十方塞がりの

ドウにもコウにも方途がつかぬ

行き詰まりのこの現状を

忠実に描き出したいと願ったが

掘りあてる言葉は当然ながら

希望のきらめく余地のない

圧迫した様相であったとさ

みんなみんな望みがほしい

その歌は市井に顧みられず

ここから出たいという光すら

こぼれ落ちなかったリアリズムを

なまのまま追求した歌い手は

とうとう人前で歌わなくなったとさ

 

(2016.11.28)

『声・まっくら森』に収録