声・まっくら森

天寧煌子の詩置き場

barrier

barrierが邪魔をするんだ

僕の前に

自分を守るために囲い込んだ

皮膚と生理が蛹のように覆った

冷たく硬い殻

 

barrierが足りないんだ

僕のまわりに

溢れる音を拾い集め調節し

肉体と精神を脅かすものから

均衡を保つ把手

 

barrierが重いんだ

僕の心に

不安と恐怖と孤独感を植えつける

開いていれば安全なのに

憂鬱には必要の門

 

扉を開けて一人逃げ出した

暗い部屋の奥へ

ざわめきは次第に巨大な渦となって

barrierを破りbarrierを強靭にした

barrierのためにbarrierが生まれる・・・

 

(2015.12.20)

『声・まっくら森』に収録