声・まっくら森

天寧煌子の詩置き場

自己嫌悪

おぞましい

自分の姿を見よ

そして

愛せるようになれ

 

無理だ

落胆しているよ、ほとほと嫌気が差してるよ

いのちの根っこまで

幻滅しきっているよ

 

そんなおぞましい自分を

「受容」なんてしなくていいから

幻滅するままに

知るんだ

 

ほとほとあきれ果てた自分が

幻滅の思いそのままに

しみじみあふれ出してくるまで

あふれ出させよ

 

ああ

こんな私なのだと

こんな私なのだなあと

しみじみ感動できるまで

 

我がおぞましい

自分の姿

悲しく微笑みながら

ようこそ

 

(2015.12.14)

『声・まっくら森』に収録